上級管理者

トップページ > 旺旺概要 > 上級管理者

 

 

  • 曹永梅

    1973年生まれ。生産総処総処長。曹氏は江南大学(元無錫軽工大学)を卒業し、食品科学博士学位を取得し、又アリゾナ州立大学キャリービジネススクール(W. P. Carey School of Business, Arizona State University)の修士学位も取得した。2001年1月に当グループに入社し、研究開発処マネージャー、幕僚処マネージャー、幕僚処処長を歴任した。2012年3月に生産総処総処長に昇進され、当グループの生産管理システム、品質管理システム及び研究開発システムを持続的に発展させるための管理業務、及び人材育成の推進役を担当している。曹氏はグループ技術センター主任も務められてる、当該センターは上海市立企業技術センターとも評される。曹氏は中国食品化学技術学会スナック食品加工技術分会副理事長及び上海市食品学会理事も務められている。

  • 李玉生

    1957年生まれ。管理総処総処長。李氏は国立中興大学法律学士の学位を取得した。彼は1986年5月に当グループに入社し、管理処、法務処、土木工程処、設備工程処、投資総処、人事資源総処などの責任者として歴任した。1999年、李氏は台湾食品産業発展協会の代表メンバーに選ばれ、2006年より台湾飲料工業同業組合及び台湾キャンディ•ビスケット•麺類食品工業同業組合の会員になり、2010年より台湾経済部智慧財産局の商標審査品質コンサルティング委員会の委員を務めている。

  • 林鎮世

    1953年生まれ。当グループ技術長。林氏は国立中興大学を卒業し、食品化学工程学学士学位を取得した。食品及び飲料分野においては30年以上の経験を持っている。林氏は1995年に当グループの研究開発部のマネージャーを担当し、その後、生産処処長や生産総処総処長などを歴任した。1995年8月に当グループに入社する前、林氏は1979年―1995年に台湾黑松飲料股份有限公司の研究開発部担当及び品質保証部課長を務めていた。上海市食品科学学会理事を務めたこともある。また、2010年に林氏は国立中興大学の傑出校友という名誉称号を獲得した。

  • 梅鴻道

    1955年生まれ。国際事業総処(欧米区)総処長。2001年11月に当グループに入社した。梅氏はカナダConcordia Universityを卒業し、商学学士学位を取得した。中国及び台湾のインターナショナルマーケットの食品と飲料分野においては29年間の経験を持っている。また、販売、マーケティング及び管理分野においても35年以上の経験を持っている。当グループに入社する前、1987年―2001年、彼は聯合利華股份有限公司や聯合利華(中国)有限公司などに勤め、総経理などの要職を歴任した。1983年―1987年、台湾Jardine,Mathesons & Co.洋酒部マーケティングマネージャーを担当していた。また、台湾石鹸洗剤工業同業公会常務理事と台北市百貨商業同業公会理事を務めたこともある。

   著作権の帰属 上海旺旺食品集團有限公司 滬ICP備10203374號