旺旺ニュース

トップページ > 旺旺概要 > 旺旺ニュース

 
旺旺が震災地区に対する寄付金の最新数字

現金500万人民元、約1,200万人民元の価値に相当する製品、
取締役会長からの寄付金2,000万香港ドル

(2008年6月10日 旺旺会社宣伝部より)2008年6月10日、旺旺会社中国旺基金会は四川震災地区に対する寄付金の最新数字を社内に通告した。6月10日までには、現金500万人民元、約1,200万人民元の価値に相当する製品(小売価格で計算)、蔡董事長個人の寄付2,000万香港ドルを寄贈した。

旺旺の関連責任者の話によると、「四川地震が起きた直後、董事長をはじめ会社のトップ層は随時震災地の状況を気に掛けていた」。すべての旺旺人は震災被害者達が蒙った苦難を、自分の身のことのように感じられ、四川同胞、解放軍、武装警察、及び全国人民が地震に直面し示した「たゆまぬ努力と無私の奉仕」との精神に感動を覚えた。旺旺本部をはじめ地方各機構も積極的に援助活動を行い、震災地区の人々に自分の力を尽くしようとしている。現在、旺旺各地での寄贈活動が続いている。

5月12日、董事長蔡衍明は地震地区の復興のために、個人名義で寄付した1,000万香港ドルの上、更に1,000万香港ドルを寄付した。それで、蔡董事長の個人名義で寄付した金額は2,000万香港ドルに至った。

 

  

   著作権の帰属 上海旺旺食品集團有限公司 滬ICP備10203374號