旺旺ニュース

トップページ > 旺旺概要 > 旺旺ニュース

 
株上場の経験などを分かち合い、「旺旺」の企業文化を体験する

台湾国立中興大学EMBA財政経済所一行が旺旺本社への訪問

(2008年6月25日 旺旺宣伝部より)2008年6月25日、台湾国立中興大学EMBA財政経済所一行21人は、旺旺本社を訪問した。旺旺としては初めて台湾大学の財務エリート層の訪問を受けた。

当日午後3時、来訪者は旺旺本部に到着した。金融管理処の戴明芳副処長と宣伝部の倪春マネージャーの同伴で、皆様は相次いで「旺」文字の壁、「企業沿革展示板」、「金字看板」などを見学し、また案内者から旺旺社の企業文化に関する紹介に耳を傾けた。会議室においては、幕僚処の黄莉恵処長が挨拶を述べ、皆様のご来訪に対して熱烈歓迎な意を表した。戴副処長は08年の香港株上場前の経過と企業再編の過程などについて詳しく説明し、また来訪者の質問に対して一つずつ回答した。来訪の教授達は戴副処長のナレーションを高く評価した。

聞くところによれば、台湾国立中興大学は台湾の有名大学である。その傘下のEMBA財政経済所に属する学生達は、皆長年の財務経験者であり、彼ら今回の訪問目的は主に「旺旺」の香港株上場の経験などを分かち合い、「旺旺」の企業文化を体験することであった。

 

  

   著作権の帰属 上海旺旺食品集團有限公司 滬ICP備10203374號